毛穴の汚れ落としにクレンジング剤の選び方

仕事と趣味のバランスを極める > おすすめ > 毛穴の汚れ落としにクレンジング剤の選び方

毛穴の汚れ落としにクレンジング剤の選び方

メイク落としはオイルクレンジングが主流になっていますが、オイルクレンジングはニキビをできやすくするクレンジング剤です。

メイク汚れや皮脂は油性なのでオイルとのなじみがよく汚れを浮かすのですが、オイルは水となじみが悪いので、すすぐときに汚れが残ってしまいます。

オイルクレンジングをすると毛穴の奥に汚れが残ってニキビができてしまうのです。

肌は弱酸性なので、肌と同じ弱酸性の洗顔料は肌に優しいイメージがありますが、弱酸性の洗顔料もニキビを作ります。

汚れは酸性です。

酸性の汚れを落とすためにはアルカリ性が必要です。

弱酸性では汚れがしっかりと落ちないので毛穴に汚れが残ってしまいます。

クレンジング剤はきちんと汚れを落として水となじみがよいもの、洗顔料は中性かアルカリ性のものを選びましょう。

これらなら毛穴の奥の汚れまで落としてくれます。

毛穴の出口をふさいでいるものが取り除かれるので、皮脂分泌が正常になって毛穴つまりが解消されたニキビのできにくい肌になります。

ニキビに効く洗顔料おすすめ

関連記事

  1. フラッシュモブのいろいろな形
  2. 時間節約で漫画を読む方法
  3. ハイドロキノンは手軽に買える
  4. M字ハゲの友人の髪型について
  5. こんなフラッシュモブを結婚式でやってみたい
  6. ノロウイルススプレーについて
  7. 食事による便秘との戦い
  8. 美容室の情報を調べるなら
  9. 毛穴の汚れ落としにクレンジング剤の選び方
  10. テスト